島本町立第二小学校・運動会

今日は学校協議会の委員ということで、
島本町立第二小学校の運動会にお呼ばれしました。
でも、来賓席に座ってのんびり見ているのはつまらないので、
カメラを持って撮りまくる!
学校行事などがあれば馳せ参じます。
最近は二中の撮影が多かったので、
久し振りの小学校での撮影でした。
子どもらちっちゃくて最初は感覚つかむのに苦労した。
やっぱり小学校は競技や徒競走だけでなく、
演技が多いのも楽しいですね。
そして、最後の組体操は形を作ってピタッと静止するだけではなく、
何と言うか動きがあっておもしろかった。
しかし、今日はいつもより撮り過ぎた……合計1,927枚。
これからいらない写真を削除して800枚ぐらいに絞り、
後は1枚1枚、画像編集ソフトで調整をする作業が……。

2013_09_28_1064

2013_09_28_1461

2013_09_28_1861

2013_09_28_1914

第二地域住民委員会(2013年9月24日)

今日は住民委員会でした。
先日の台風による水無瀬川、淀川の水位などの話も出ました。
それから、本題はアドプトリバーについて。
水無瀬川でアドプトリバーをすることになりました。
茨木土木、島本町、水無瀬川を愛する会の3者で協定を結び、
備品をそろえてもらったら活動スタートです。

育児×まちづくりカフェ 第4回目

今日は連休中日ということで、参加人数は少なめでした。
特別講師などもなくフルにワークショップに時間を使えましたが、
わりと真面目な話になり、集中していたらあっという間の3時間でした。

今日は第2回3回を受けて、やりたいことをなどをさらに具体化ということでしたが、
運営サイドから、この回を今後どうして行きたいかという投げかけもあり、
話はそちらの方にシフトしていきました。

この会としては人と繋がりが持てたり、新しい自分とは違う視点や価値観からの考え方を知ることができ、
良かったという意見が多くありましたし、それがこの会の価値なのだと思います。
そして今後は継続してこの集まりを続けたいという意見も多くありました。
行く行くはまちづくりに興味のない人、興味はあっても条件的に参加できない人などへ
いかにすれば参加してもらえるかというところが課題であります。
やはり一番参加してもらいたい子育て世代に来てもらうには、子どもを預けることができるとか、
小学校以上のお子様をお持ちであれば開催日時は平日の日中の方が良いでしょう。
また、まちづくりとか敷居が高いとか、興味ないとか、必要ないとか、そんな会あったの知らないという方に、
いかに間口を広げて、情報発信して、気軽に参加しやすいイメージを与えるかも重要です。
そして、まちの活動を当たり前のサービスとして享受するだけではなく、
自分達も当事者のひとりで、一緒に作っていく構成員のひとりなのだと気付いてもらうことの重要性を確認しました。

それから、実際の活動についても少し話しが戻りました。
様々な活動はあるけれど、その基礎は大人の背中を見て、子どもは育つということ。
カッコいい大人を見れば、子どももついてくるということです。
例えばその地域の伝統芸能の継承ということであったり、普段の日常の家庭での生活でもそうです。
獅子舞をやってる横で、子ども達が見よう見真似で、子ども獅子舞をする。
そうして一生懸命やっている大人の真似をして、文化が継承されていく、
家庭の子育てにマニュアルはなく、親がきれいな言葉遣いをしていれば、子どももきれいな言葉遣いをするということ。

また、今はリスクを大人が排除し過ぎているし、自由を与え過ぎている。
子どもの権利を守ることは重要だが、社会で生きて行くためには、理不尽さも体験しておかないといけないし、
自由も与えられるのではなく、自分で獲得することが、真の自由である。
守られてばかりで危険を知らなさ過ぎるので、
少しくらい危ない目あったり、軽い怪我ぐらいはしても良いという話も出ました。

そして活動自体は子どものためだけではなく、大人も楽しめたり、
子育てで疲れている大人がリラックスできるものが良いし、
活動目的は明確にしてぶれないようにして行かなければならないという確認をしました。
そして、その町に住む人が満足に生きるためには、何か簡単なことでも良いので、
自分に役割があったりすることにより、自己有用感も持て、
充実した生活が送れるのではないかと思います。

※ 上記文章は実際にはワークショップ中には出てない私の意見も交えて書いています。

2013年9月20日:民生教育消防常任委員会(3日目)の傍聴

今日は夜勤明けからの議会傍聴へ。
先週あった総務建設水道常任委員会は休暇中で旅行に出かけてたので傍聴できず、
今週も何かと忙しく、ようやく本日、最後の最後だけ傍聴できた感じです。

まぁ、結果は誰もが想像したとおり、自民党2名が常に賛成、
共産党1名が常に反対、公明党1名、無所属1名はどっちつかずという感じでしょうか。

一般会計決算については、自民党(野村議員、村上議員)が賛成、
日本共産党(佐藤議員)が反対、公明党(川嶋議員)と無所属(田中議員)は保留です。
平野議員は委員長です。
賛成2、反対1、保留2で、賛成多数ってちょっと微妙じゃないかと思います。
だって保留の2名は賛成もできないということでしょう。
それだと賛成は5名中2名なんだから、賛成多数な訳ではないような気がします。

母の誕生日会

今日は母の誕生日なので、
我が家に集まってパーティー。
私はパエリアとチキンソテーを担当、
みきてぃはサラダ2種とコロッケとケーキ、
兄はパスタです。
父はバラの花束を竹内花園で買ってきました。

2013_09_13_0002

2013_09_13_0004

育児×まちづくりカフェ 第3回目

2回目は8月4日にありましたが、無人島キャンプの最中だったので参加できず。
今回は3回目の開催です。

前回は一小応援団「和(なごみ)」の事例紹介で竹内さんが話をされました。
そして、この町でこんなことがあったらいいのになぁということを出し合ったそうです。
今回はそれを受けて、では具体的にどうして行くかという話をしました。
そしてその前に、大山崎町の職員さんに来ていただきお話を聞きました。
聴竹居のことや、山崎の歴史……この地域はエゴマ油が採れていたこと、神領とされていたこと、
時の権力者にも一目置かれた地域であったこと、山崎は天王山の山の先から来ていることなど、
大変に興味深いお話でした。

グループワークでは、前回出た内容からいくつかピックアップして
こんな事業があればという話をすることになっていましたが、
うちのグループはそもそもボランティア団体とかたくさんあるし、
それらの力を結集できればいいじゃないかという話になり、
島本町の教育委員会よ早くボランティア情報センターを作れよという話で盛り上がりました。

ふれあいセンターからバンブークラブを追い出して部屋を確保して、
作ると言って数年経っているボランティア情報センター。


実家でチサを預かってもらってたので、夕食もいただき、
デザートには小山プリン。
美味しかった。

2013_09_08

2013年9月5日:本会議3日目の傍聴

昨日は夜勤明けで睡魔と空腹と、あまりの雨に仕事帰りに議会傍聴に行くのを断念。
今日は休みでしたが、午後は家族と出かけるので、午前中だけ傍聴に行ってきました。

今日は条例や補正予算についての審議でした。
給与や報酬に関することはみなさん結構質問されていましたね。
元部長級や次長級の職員が再任用されたときに、
これまでの一律2級だったものを5級を作るというのは
前回可決された訳で、年間120万ぐらいのアップになるわけです。

河野議員が、巷ではお手盛りであると言われているし、
賛成した自分も議員として責任があるというような発言をして、
伊集院議員が平井議長にテープ起こしをしてと言っておられました。
お手盛りという言葉と、議会の責任ということに伊集院議員は反応しているようです。

まぁ、確かにあの議案は役場側はずるいよなぁと知ってる人はみんな思うでしょう。
要は再任用の給料アップと保育士などの時給アップ等をセットにした議案だった訳で、
やはり頑張っている保育士さん等の多くない時給を少しでも上げてあげたいというのが心情。
そこをついた役場側のずるい議案の出し方な訳で、
戸田議員と外村議員から再任用の部分を削る修正動議も出てました。
最終的には可決となった訳ですが、その2つを知らない人から見たら、
なぜ議会はそんな再任用の給料アップを認めてるんや、
賛成した議員は誰やみたいな話は出るんでしょうね。
逆に否決されてたら、頑張ってる保育士さんらの時給も上げたらへんのかと、
これまら批判されそうなもんです。

もうひとつよく質問されていたのは、戸籍を電算化して、
運用するシステム入れるのに約1億円というもの。
府内では島本だけがまだ電算化してないそうです。
電算化には賛成という意見が多い中、平野議員は少し慎重論でした。
いずれは時代の流れとともに電算化せざるをえない時期が来ると思うので、
システムも多くの自治体で運用実績もできてきているので、
そろそろ電算化を進めるのもいいのではないかと思います。
外村議員の質問で現段階の見積もり3社からの金額が分かりましたが、
下は9,000万円台から上は1億数千万円まで……
1億数千万円って数千万円ぼったくりかよと突っ込みたくなりますよね。

2013年9月3日:本会議1日目の傍聴

 今日から9月会議が始まりますので、午前中だけ仕事前に傍聴に行ってきました。まずは一般質問からです。


 余談ですが先日Facebookに書いたものを転載……
 どこの議会でも行われている一般質問こそ、議会改革の第一歩。行政に対する監査機能や政策立案機能をよりよく果たすために、議員の質問力の向上が必要。ほとんどの自治体の議会では「八百長と学芸会」をやっているとは、元鳥取県知事の発言。もちろん事前通告と答弁調整はある程度必要。でも、これを徹底的にしてしまうと、先のように揶揄されてしまう。「良い議論」ができるための下準備になれば良い。
 議会で質問し議事録に残すことも重要な意味がある。その過程を見える化することで、市民にも理解してもらえる。首長側と議会側の良い議論が大切だが、議員間討議も今後は重要。議員対首長側ではなく、議会側対首長側で、二元代表制として良い緊張関係を作れると良い。首長重視、議会軽視を変えて行かなくては。


 最初の関議員のは遅れて行ったので聞き漏らしました。維新関係と思われる人々がわらわらと傍聴に来ておりました。続いての村上議員は放課後の校庭開放と尺台5号線整備について質問していました。現状、4つの小学校で対応もばらばらでです。本当はプレイパークみたいに、見守る大人だけがいて、後は自己責任で自分たちで遊びなよーってのがいいんでしょうが、どうやら島本では池田小の事件以後、校長会で決めて、放課後は閉めてるようです。教育委員会は3小での放課後こども教室、2小の交流DAYなどなど、事業をやってるのでと説明はされてましたが、自由に子どもたちが遊べるのが一番なんですけどね。

 続いては野村議員です。商工業の活性化と空き家対策について質問されてました。商工業も活性化して、空き家がなくなるぐらい島本町も元気になるといいのですが、商工業者も減っており、空き家も増えているのが現状みたいです。島本町はJRも阪急の駅もあり、大阪と京都からも近く、環境や立地は良いのに、政策として町を盛り上げるということについては、下手ですよね。近いところでは、JR西地区の開発がどうなるかが注目ポイントですが、それも1年経って白紙に戻ったようですしね。

 各議員もブログを更新中です。
・戸田議員 とだ*やすこの「いまここ@島本」 定例会9月会議、はじまります
・平野議員 ひらのかおるタウン通信 町議会定例会9月会議
・外村議員 とのむら通信ブログ版 明日9月3日より9月会議が始まります。
・伊集院議員 ~はるかぜ~ 島本町議会 “伊集院 春美” 日記 明日からの9月議会

平成25年第4回定例会9月会議 一般質問通告項目(PDF:99.8KB)

一小アートフェスタ

今日は一小アートフェスタです。
雨が少しぱらつきましたが、大降りにならずにすみました。
私は一小応援団「和(なごみ」の事務局として参加。
Canon EOS 5D MarkIIとビデオカメラを持って記録係です。

さまざまな体験コーナーを講師の先生やPTAや地域の方々で運営。
そしてメインは手形アートによる桜です。

2013_08_24_0001
体育館であやしげな演奏が……

2013_08_24_0073
木工コーナーの木琴作り

2013_08_24_0074
まずはよーく音を聞いて、鍵盤を並べ替えます

2013_08_24_0084
布ぞうり作りは根気がいります

2013_08_24_0102
パステル画、上手ですね

2013_08_24_0131
手形アートでは手足が絵の具で……

2013_08_24_0148
書道コーナーは大きな筆で書きます

2013_08_24_0191
みんなでぺたぺたしています

2013_08_24_0225
今年の桜はこんな感じに仕上がりました